据え置き型浄水器のメリットやデメリット

おいしい水を飲むために、家庭で浄水器を設置している家庭も多いことでしょう。

一言で浄水器といっても様々なタイプがありますが、その一つに据え置きタイプが挙げられます。メリットもあればデメリットもあるので、利用する前にこれらを把握しておく必要があります。据え置き型浄水器のメリットとしてまず第一に挙げられることは、家庭用として比較的使いやすいタイプであることです。蛇口直結型は蛇口に取り付けるのでコンパクトではありますが、ろ過能力にはやや劣ります。

これと比べた場合には、ろ過能力も大きくろ過流量も多いことから、料理などでも便利に使うことができるでしょう。カートリッジの交換頻度が少なくて済むこともメリットです。1年に一回程度と交換頻度が長いので、手間やコストの面でも便利です。大型のアンダーシンク型と比べた場合には、本体やカートリッジの価格も比較的安く、大掛かりな工事を行う必要もありません。

反対にデメリットに挙げられることは、設置場所が必要になることです。据え置き型浄水器の場合には、多くの場合、シンクの脇に設置したり、壁に掛けたりして使うことになるでしょう。設置したことによってシンクが手狭になってしまったという声も多く聞かれます。近年ではコンパクトなものも増えているので、狭くなるのがいやだという場合には、あらかじめサイズを確認すると良いでしょう。それだけではなく、本体やホースの周りなどが汚れやすいため、こまめにお手入れを行う必要もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *